2012年07月18日

CraftJapanizer仕様解説:データ形式

<<CraftJapanizer_Spell>>

■ CraftJapanizer_SpellData.lua

Spell日本語データ

形式
["(1)"]={"(2)",(3),"(4)"},

(1) : Spell ID
(2) : Spellの日本語訳。数値のところは$N数値マクロで置き換え。
改行は\nで表記
(3) : (2)の数値の箇所が範囲表記の場合のマクロ。ハッシュ形式。
マクロがない場合はnil
(4) : Buffの日本語訳

(2),(3)
OptionのSpellTooltip_DisplayAvgValuesが有効な場合は、通常表示。無効な場合は、範囲マクロに置き換えをしている

(3)は、マクロをマクロで置き換えるような形をとっています。
{N1="$N1-$N2",N2="$N3"}
だと、元の$N1の箇所が$N1-$N2、元の$N2の箇所が$N3へ置き換わり、その後に数値に変換されます。


■ CraftJapanizer_SpellNewbie.lua

Beginner用Spell日本語データ
OptionのshowNewbieTipsが有効な場合に、一部、Beginner向けの説明文が表示されるので、その場合に使用。

形式
["(1)"]={"(2)"},

(1) : Spell ID
(2) : Spellの日本語訳


■ CraftJapanizer_SpellChain.lua

SpellのRankの連動データ。
ステータスの割り振りのところで、Rankが数段階あるものの場合、説明文が複数表示されるので、その関連づけを行うためのデータ

形式
["(1)"]="(2)",

(1) : 現在のランクのSpell ID
(2) : 次のランクのSell ID


■ CraftJapanizer_SpellGlyph.lua

Glyphデータ。
Glyph名称からSpell IDを特定する

形式
["(1)"]="(2)",

(1) : Glyph名称
(2) : Spell ID


<<CraftJapanizer_Item>>

■ CraftJapanizer_ItemData.lua

形式
["(1)"]={"(2)",(3)},

(1) : Item ID
(2) : Itemの日本語訳。平均・範囲の表示の切り替えがある数値のところは$N数値マクロで置き換え。改行は\nで表記
(3) : (2)の数値の箇所が範囲表記の場合のマクロ。ハッシュ形式。マクロがない場合はnil

(3)のマクロは、Spellと違い数値は埋め込みです。
{N1="7200-8800",N2="7200-8800"}
などのように範囲で設定しておき、平均の表示のときは、足して2で割る形で表示しています。


<<CraftJapanizer_Achievement>>

■ CraftJapanizer_AchievementData.lua

Achievement日本語データ。

形式
["(1)"]={"(2)","(3)","(4)"},

(1) : Achievement ID
(2) : Achievementの日本語訳。改行は\nで表記
(3) : 達成することで、タイトルが得られる場合は、そのタイトル
(4) : 攻略メモ


■ CraftJapanizer_AchievementIndex.lua

AchievementのAchievement名称からAchievement IDを特定するIndex。
ItemRefTooltipの表示のときに、Achievement IDを取得する手段がなかったので、Achievement名称から逆引きしている

形式
["(1)"]={(2)},
(2) = [(3)]={(4)},…

(1) : Achievement名称
(2) : Achievement ID(3)と陣営ID(4)のペア。
陣営ID : 1=Alliance, 2=Horde, 3=両方


<<CraftJapanizer_Quest>>

■ CraftJapanizer_QuestData.lua

Quest日本語データ

形式
["(1)"]={"(2)","(3)","(4)","(5)","(6)","(7)","(8)"},

(1) : Quest ID
(2) : titleの日本語訳
(3) : objectiveの日本語訳
(4) : descriptionの日本語訳
(5) : progressの予約エリア(未使用)
(6) : completionの日本語訳
(7) : 翻訳者名
(8) : 翻訳ステータス。 0=機械翻訳(Excite翻訳)、1=wiki翻訳(人力翻訳)

改行は、半角スペースx2になっています。(QuestJapanizerの名残)

以下のマクロがあります(以下では<>が全角ですが、実際は半角です)
<name> : プレイヤー名称に置き換え
<class> : プレイヤーのクラスに置き換え
<race> : プレイヤーの種族に置き換え

■ CraftJapanizer_QuestIndex.lua

QuestのタイトルからQuest IDを特定するIndex。
Quest受領時には、Quest IDの取得ができないので、タイトルなどからQuest IDを推測する

形式
["(1)"]={(2)},
(2) = [(3)]={(4),"(5)","(6)"}, …

(1) : Questタイトル
(2) : 判定データ
(3) : Quest ID
(4) : 陣営: 1=Alliance, 2=Horde, 3=両方, 0:不明
(5) : objectionキーワード(最大10文字)
(6) : completionキーワード(最大10文字)


キーワードについて
同一のQuestタイトルが複数ある場合があり、その場合に、受領時:objection、完了時:completionの文章の一部を使用して判定するようにしてある。
キーワードは、単純に、単語の先頭一文字を最大で10word分つなげただけ。

ex: This is a pen. = Tiap
posted by Astal at 22:11| Comment(0) | CraftJapanizer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。