2012年07月19日

CraftJapanizer仕様解説:Glyphの日本語の表示

ファイル
CraftJapanizerGlyphToolTip.lua
(CraftJapanizerToolTip.lua)
CraftJapanizerTooltip.xml

Glyphの日本語訳は、CraftJapanizer独自のCraftJapanizerAssistTooltipに表示
CraftJapanizerAssistTooltipはGameTooltipTemplateを継承している

GlyphのTooltipの表示の際には、SpellのときにhookしたOnTooltipSetSpellのイベントは発生しない。(ItemのOnTooltipSetItemも発生しない)

そのため、GlyphウィンドウのLoadをhookしてイベントを追加している

GlyphFrame_LoadUI
http://wowprogramming.com/utils/xmlbrowser/live/FrameXML/UIParent.lua
のfunction GlyphFrame_LoadUI

GlyphFrameScrollFrame.buttonsから取得できるボタン全てのOnEnter/OnLeaveイベントに日本語訳の表示する処理を追加している
これは、ウィンドウ右側のリストに表示されるものの日本語表示対応。

さらに、

GlyphFrameGlyph_OnEnter
GlyphFrameGlyph_OnLeave
http://wowprogramming.com/utils/xmlbrowser/live/AddOns/Blizzard_GlyphUI/Blizzard_GlyphUI.lua

にもイベントを追加している
これは、メインウィンドウ側(Glyphをソケットに設定するところ)の日本語表示対応。

■ 余談
Glyphは、以前は、OnTooltipSetSpellかOnTooltipSetSpellかのイベントでSpell IDかItem IDが取得できたが、独自のGlyph IDというのが割り当てられるようになったっぽく、それ以降、イベントが発生しなくなった。

また、wowheadがGlyph IDには対応していなかったため、Glyph IDから原文を取得することができなかった。
(ゲーム内からがんばって取得するというのもあるけど、やらなかった)
そのため、Glyphは、Glyph名称からSpell IDと特定するという方法で対応している。
posted by Astal at 23:04| Comment(0) | CraftJapanizer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。